恋愛ゲーム『ラブプラス』はなぜ人気?

かつて恋愛ゲームが何だったのかよくわかってなかったコナミはとりあえず会社経営ゲームに女の子の皮をかぶせてみた。

それが確実な打撃とよく分からない迷走を繰り返しつつ、今回出たのがラブプラス、という印象。

根本的な部分では他のギャルゲー・恋愛ゲーと何か違う印象を受ける。
いや、ときメモ2の時点でときメモ1であった色々な尖った部分が平均化されたってのは知ってますけど。
それでも、ねぇ。

コナミのギャルゲー・恋愛ゲーに対する考え方ってなーんか他のとは違う感じ。
私が感じてるだけかも知れないけど。
「ストーリーを読ませる」とか「感情移入させる」とかそういうのとは違う次元で戦ってる感じ。

その結果が、ギャルゲーを「次の段階」へと移行させてしまったのでは無かろうか。
罪作りな集団だ・・・。

ゲーム

Posted by はりす