24℃と私

「うぅぅ・・・お、おはよー・・・」

「あぁ、玻璃珠、おはよ・・・どうしたい、何か調子悪そうだけど」

「調子が悪いと言うよりも気温が低すぎる」

「確かに台風が来たかと思ったら一気に気温が下がってきたねー。雨がよく降ってるのもあるけれど」

「でしょう?そんなんだから私はまた辛い季節が始まったのかと憂鬱になるのだよ」

「ふーん、そんな取り立てて寒がるものかねぇ・・・(確認中)・・・お、今24℃だってさ」

「24℃だって!?私は死んだ」

「死ぬの早いね」

「だって私の手は今こんなモンだぞ!?」
(ぺたり)

「うひゃあ冷たっ!?どうしてそんなに冷たいのよ!?」

「私が聞きたいよ・・・多分私にはは虫類とか自力で体温調節が出来ない種の遺伝子が組み込まれている改造人間なんだ・・・」

「この時期の自販機はまだ全部つめたいものしかないからなぁ・・・辛いだろうが頑張りなさいね」

「うぅ・・・私は滅びてしまった・・・」

「だから早いって」

日記

Posted by はりす