アデランスに相談だ【ファンロンパウEU大統領、自作の句集を出版へ】

黒歴史を出版しちゃうのかなーと思ったら、普通にちゃーんと俳句しててびっくりです。

Thinned out and grown bald, You can now see straight through the woods to the spring time
(落葉の こずえの先に 春見ゆる)

リンク先のこの句ですが、こういう雰囲気的なのって海外でどれだけ親しまれてるんでしょうかねぇ。
以前何処かで見た話だと、外人はこういう句でも「それで?」みたいな反応しか返ってこないとかなんとか。
「キャラゲーあるでしょ、あれってゲーム性が多少酷くてもキャラクターがちゃんとしっかりしてればOKって感じでしょ?それだよ」と私なら説明しますが、それで通じるのかしら。
その全体的な雰囲気を感じてくれればコレ幸いなんですがねー。

しかし、最後のユーモア仕上げされた句は理解した瞬間ちょっと吹いた。
写真が無いと絶対分かりませんでしたね。
「アデランスは誰でしょう」って事で。

 この記事へのコメント

  1. より:

    外国の吟遊詩人のイメージが日本でも強いけど、結局それでメシは喰えない
    日本の詩人のイメージは、平安の百人一首とか

    現代でいうとブログみたいなもの
    あるいはチラシの裏
    あるいはツイッター

  2. はりす◆mSoYU62K22 より:

    >レ
    平安美女達が、矢文を使ってメールとな。
    「あの代官チョーむかつかね?」とかなんとか。

コメントを残す

関連記事

NO IMAGE

【ツイッター落ちた】2012年7月27日、サッカーが終わったらツイッター滅ぶ

NO IMAGE

【天然物は高級品】世界初の「人工肉」バーガー、今秋に製造開始 オランダ科学者

NO IMAGE

絶妙のバランス!ヨット、波にさらわれ岩に着地

NO IMAGE

シーサーブログがいつのまにか有料プランを始めた

NO IMAGE

モーニングブルードラゴン、引退を表明

NO IMAGE

記録メディア、時代は半導体メモリー FD・MOの記憶、かなたに