全く分からない「おいしさ」

もう本当にちょっとしたことなんだけれど、私って何食べても「おいしい」って思う人間なんだと改めて再確認したこの頃。

「玻璃珠の好きな食べ物って例えば何?」
「んー・・・」

日常会話すら覚束ないレベルで困る。
昔はそうでもなかったはずなんだけど、どうやらある程度自分で自由に扱える金額が増えた結果がこのざまらしい。

「・・・ワッフルとか?」
「どこの?」
「どこって・・・」

例えば××のパン屋のだとか、○○ってメーカーのだとか、そういう会話に発展させたいのはよ~く伝わってくるわけで。
ところがどっこい私はその手の知識が全くない。
悲しいぐらいない。

そもそも××のパン屋のワッフルと○○のメーカーのワッフルを食べ比べたとしても、私にとってはどっちもワッフルでおいしい、としかなく、あとは高いか安いかっていう指標しかない。
人の味覚は人それぞれだって思ってはいますが、こと食べ物に関しては話が噛み合わなさ過ぎて必要以上にガックリして疲れる。
気疲れ的な意味で。

変えた方が良いんだろうけれど、絶対に変わらないんだろうなぁ。
少なくとも自分のお金を使ってる限りは。
悲しい。
私何食ってるんだ。
生ゴミじゃなければいいのか。

値段以外で明確な数字としての美味しさの指標が分かりやすくあればいいんだけれど、現状値段以外の数字で意識するのはカロリーくらいしかない気がする。
少なくとも私の中の一般的知識だとそこが限界。

自分に自信がないわけじゃないし、舌がおかしくなってるわけでも無いんですよ。
ただ他人よりとんでもなく「おいしい」と出るハードルが低いだけ、と私は考えるんだけど・・・。
更に「おいしい」のハードルを一度越えれば後は全部「おいしい」でしかないから、そこに値段が加わることにより「高過ぎて食べられない」が発生する悪循環。
味のハードルが低いから値段が割食ってる。
誰か私に超高級ステーキを100g98円の肉って偽って食べさせてみろ。
100g98円の肉とほぼ一緒のリアクション取るから。
逆だったら高くて食べられないから。
下手すると胃が気疲れしてびっくり嘔吐。

これ、まとめると単純に私が安い女ってだけじゃん。
もー最悪だ・・・。

あー人並みの味価値観が欲しいよー!
いつからこんなことに!!
高校時代か!?
受験生の時に安いお菓子食べてたのが原因かしら!?
それとも逆に月のお小遣をやり繰りした結果、一ヶ月に使える食べ物代(飲み物含む)が500円で自販機すら利用してなかったからかしら!?
やっぱり大学入ってお昼ご飯食べるのが面倒で食べなかったり、食べても250円のお弁当だったからかしら!?

ってか、大学一年の時に東北に旅行しに行って全く「ご当地食材」に興味がわかなかった時点で既に病に犯されていたような気がする・・・。
重症かつ重体。

ちなみに、私の「おいしい」って思う最低ラインは、フィリックスザキャットのフーセンガム。