とある場所でとある二人の会話で

「そう、きみは完璧主義的過ぎるのよ」
・・・そうなのかな?私は特にそんな自覚はないのだけれど。結構いい加減な方だと自分自身は。
「どうでもいいところはどうでもいいと思ってるから、根っからとは違うの。でもきみの場合、妥協というか、失敗を許さないのよ」
失敗?
「そう、失敗。行き当たりばったりでやった時はともかく、多少なりに準備したことが失敗した時のきみの落ち込みっぷりと、紙一重で抑えてるであろう憤怒具合ははっきり言って異様よ、異様」
それはあなただってそうでしょ。
自分の事を棚にあげて。
「私の場合は人並みよ。きみは落差がハンパないの」
・・・。
「やったことが必ず報われるとは限らないのはきみ自身も理解してるし、それは納得出来るでしょ?」
まぁ、うん。事ってのは時の運と実力だわね。
「かのエジソンは言った、発明とは99%の汗と1%のひらめきであり、ひらめかねぇやつはどうやったって100%にはならないんだよねぇ、俺はひらめいたけどな!と」
後半みたいに自慢したかどうかはともかく、前半の部分にはそういう意味もあるんだろうね。
「ひらめいたとしてもそれは1%にしかならず残り99%を頑張る必要があり、99%頑張ったとしても1%ひらめかなくてダメになるし。きみは後者の事をもっと受け入れるべきだよ。準備して失敗しないようにする姿勢は素晴らしいけれど」
・・・だってさ。
「だっても勝手もなし!ダメだったのはダメだったの!」

だってあのアームの力見ただろ!表面なでただけじゃねーか!!
どんぴしゃりなところに配置したってのに穴にひっかかりもしねぇ!!
絶対アームの内側方向にかかる力なんてなくて、むしろ外側に開くように改造されてんだっつーの!!!
「だからって店員に詰め寄るのやめてよ恥ずかしいよー!!」
いや我慢ならねぇ!紙のクジを取るタイプのUFOキャッチャーであまりにも当たりが出ないから全部買い取ってついに一個の当たりクジも入ってないことを突き詰めて店員ぶん殴って警察に連れてかれた人を私は支持するぞー!!
「暴力は格闘スタイルだけにしてよー!!そもそも少なくとも今のこの箱に入ってる景品を取るUFOキャッチャーとは状況が違うしー!!」
止めてくれるな我が友よ!!むしろ何故止めるのだ!!
「変なクレームつければ出禁とかされるに決まってるでしょーがー!!」
なぁに!?私は客だ!神様だ!!
「あんたが本当に神様ならこんな事しない穏やかな神であってよー!!」
うがー!!じゃあせめて投入した金額の5割返せー!!
「全然『せめて』って金額じゃないよ厚かましいよ!!ってか返金は確か法律で禁止されてるー!!」
にゃー!!
「にゃわー!!」

とかな
「んとか」

創作文

Posted by はりす