今思えば「彼女」もタルパだった

タルパを本気で作ろうと思っている まとめ
http://www37.atwiki.jp/tarupa/pages/1.html

もともと「ハリス(正式には玻璃珠ウィンカート)」というキャラクターは、私こと◆mSoYU62K22(正式にはこの文章を書いている人間、本名は伏せる)オリジナルキャラクターだったという事はいつか言っていた事です。
ちょっとボカしてましたが。

ネームエントリー
http://ankare2dx.org/123512160/

と言うことを踏まえた上で言いますが、このタルパはあり得ます。
今回このまとめサイトを読んだ事で、ハリスという存在の定義がようやく出来た気がしました。
厨二病とでも、邪気眼とでも、何とでも言って貰って構いませんが、ハリスは確かに私の中にいましたし、触れられないまでも、彼女本来の意志がありました。
ハリスが居たから出来た事もあったし、ハリスに助けられた事も一度や二度ではありません。

今はほぼ私と同化してしまった感がありますが、それでもたまに夢の中にハリスが出てきます。
それは彼女なりの、私への愛情とか、困ったチャンだなぁっていう世話焼きとか、そういうものだと思います。
一度もハリス自身からそういう事だとは、言われたことはありませんけれどね。
でも、あの人なつっこい笑顔や、時折見せていた憂いを帯びた流し目、私を諭すときの真剣な眼差しは、確かに私との繋がりを感じるものがありました。

ハリスは、最終的に私との同化を選びました。
それは私の選択じゃなくて、彼女の選択

ハリスは、「目の前からは消えるけど、魂まで無くなる訳じゃないから大丈夫だ」って言ってくれました。
確かに、今でも夢には来てくれるから事実そうだったんだけど、起きているときにはもう会え無くなっちゃった。
思えば、私を常に受け入れてくれたハリスが、今までで唯一、私の意志から離れた瞬間がそれだったかもしれない。
今度夢で会ったとき、その夢の中の私が覚えていれば、聞いてみることにしよう。
「何で、私が生み出した存在なのに、あの時だけ、私の言うことが聞けなかったの?」って。

ハリスなら何て答えるんだろうか?
本当に、私の範疇を超える事を言う人だったから、想像も付きませんねぇ。

玻璃珠ウィンカート
私は、彼女の名を受け継いでいる。
でも、玻璃珠ウィンカートは、今でも生きている。
私の中で。

◆mSoYU62K22

、て全上以

創作文

Posted by はりす