【JBG音楽院:サウンドクリエイト科】Tatshがプロの作曲方法を伝授 【新規開講】サウンドC科:残り1名

http://sound.jbg-ongakuin.com/

「プロの流儀コース」は、現役のプロの作曲家の方が特別講師となり、自身が作曲をする際の「心構え」「作曲技法」「DTMの操作」「メロディの作り方」「サウンドの選び方」「エフェクトの掛け方」「ミックスの仕方」「サウンドプロデュース論」など、仕事を通じて必要とされるプロならではの流儀(スタイル)を、10回の講義で体系的に学んで頂けます。

「心構え」

Tatshは、もともとはKONAMIの社員でした。
コンポーザーとしてbeatmaniaIIDXにも曲を提供しており、その作風は良くも悪くも賛否両論と言った感じ。

いや、どちらかと言えば当時は「否」がものすごい多い方でした。
GENOCIDEという曲を提供したのですが、コレがまぁ、なかなか人を選ぶ感じの曲。
[720P] IIDX IIDX RED – GENOCIDE (SPA) Autoplay

譜面の難易度も前半が難しく、後半が簡単という極端な感じでしてねぇ。
特に「無音ノート」と呼ばれる、叩いても音がならないものが含まれているとも言われまして(本当かどうかは不明)「音ゲーとしての根幹を否定した!」と叩かれました。

次作で発表したXepherも、途中のX字譜面がアレだったらしく、叩かれました。
beatmania IIDX Xepher [A]正規,乱(手元付き)
55秒あたり。

そして、更に次作で発表したThe Dirty of Loudness
全押し+スクラッチという譜面は、当時のIIDXプレイヤーからの反発が恐ろしく高いものでした。
The Dirty of Loudness AAA&FC(BeatManiaIIDX 16cs).mp4

曲そのものの評価も結構別れますが、何よりゲーム部分である譜面に対する酷評が目立ちましたね。
時には駄譜面、糞譜面とも呼ばれる程に。
特にThe Dirty of Loudnessの頃がピークで、糞譜面メーカーという認識がほぼ確定的になっていました。
まぁ、賛否両論極端系の譜面であるBroadbandedのコメントで
Tatshが曲よりも先に譜面について語った ≒ Tatshが譜面を作った ≒ Tatshが作る譜面は糞
と推測されたのもありますが・・・。
http://www.konami.jp/am/bm2dx/bm2dx13/song/broadbanded.html
Broadbanded / SADA

そして、Tatshは数多くの叩きを背に受けつつ、コナミを退社し、音ゲー界から姿を消しました。

しかし、去った後。
無くしてから気が付くというのか、Tatshはだんだん再評価をされていきます。
時が癒したのか、皆丸くなったのか。
ともかく、Tatsh待望論はだんだんと強くなって行きました。
あれだけ糞譜面と呼ばれた譜面も、今や「Tatshの個性」「練習になる譜面」と呼ばれる程に。

そして、The Dirty of Loudnessから3年後。
Tatshはreunionという曲と共に、beatmaniaIIDXに帰って来ます。
その曲の譜面は、正にあの時のTatshそのまま
beatmania IIDX Resort Anthem reunionanother

Another譜面では、曲が始まっていきなりX譜面、中盤でX譜面を超えるXX譜面、全体的に押しにくさ抜群の道中、定期的に押し寄せる局所難、そして曲の〆に全押しと、あまりにもTatshすぎる譜面で復活を強烈にアピールした
ニコニコ大百科:Tatshより)

Tatshは
叩かれ
姿を消し
渇望され
戻って来ました。

アニソンやVOCALOID、東方アレンジなど、様々な場所で活躍した実績を引っさげて戻って来ました。
黙して語らず、しかし曲と譜面を見れば一目でわかる、そこにいたのは紛れも無くTatshだった、と。

そういうところが、「プロの心構え」なのかなぁ、とかなんとか。

コメントを残す

関連記事

NO IMAGE

「ダンス・ダンス・レボリューション」肥満対策、効果を実証

NO IMAGE

謎の新作音ゲーMagic BoxをやっていたGameBOX(会社名)がDJ Xな...

NO IMAGE

アーケードゲーム業界にも仮想通貨が反映される時代になるのか

NO IMAGE

トップランカー決定戦'08 オンライン予選終了

NO IMAGE

トプランポスターがあった。

NO IMAGE

セガから初音ミクのポストカードが届いた