サイドバーにgoogle+設置

なんでも、ここにこうやってgoogle+、通称「ぐぐたす」を設置すると、グーグルで検索、通称「ググる」と、その検索結果にプロフィールが表示されるとか。
詳しい事はさっぱりですが、ひとまず設置してみたのでどうなることか見守って見ましょうねー。

設置するには、ここのデベロッパーサイトにプロフィールページの数字を突っ込むだけで出来ます。

サイトに Google+ ページをリンクする
https://developers.google.com/+/plugins/badge/config?hl=ja

ぐぐたすのプロフィールページに入れば、数字が出てきますのでそれを入れましょう。

https://profiles.google.com/

私の場合は、113931907586319880757になります。
私のぐぐたすプロフィールページがコレ。
https://plus.google.com/113931907586319880757/posts

フェイスブックは、利用規約を読んでたら底知れぬ恐怖みたいなものを感じたのでやめました。
そもそも、アカウントはデタラメなのを持っていたんです。
で、アプリでやたら滅多にフェイスブックと紐付けして、お前の個人情報を寄越せー!ってうるさいから、また使おうと思ってたのが発端。
まれにメールは来ていたのでアドレスはわかるのですが、パスワードはわからない。
じゃあ、再送信してもらいましょうと思って「パスワードを忘れたら」から送って貰ったんですよ。
そうすると、メールが届く前に画面が切り替わって『このブラウザでメールアカウントにログインしているので今すぐパスワードを変更できます!』画面に飛びました。

久々に目に見える形で「個人情報ぶっこ抜き」現場に遭遇。
あまりにも恐ろしかったのでフェイスブックのアカウントを停止じゃなくて完全削除。
更に自動ログイン設定にしているサイトを片っ端から解除しました。
ログインID記録とかまではoperaの機能だから信じるしかないにせよ、まさかこっちの承諾無く他サイトのログイン情報読み取るとは・・・。
ソーシャルってやつの恐ろしさを味わいました・・・。

ぐぐたすはどうなんでしょうねー。

コメントを残す

関連記事

NO IMAGE

Google+に登録して検索結果に著者情報が表示された

NO IMAGE

自分のサイトがツイッターにスパム認定されてしまった時の対策

NO IMAGE

運営サイトの価値あるページをBingやgooに判断してもらう

NO IMAGE

オマケが利用規約違反?なんだかモヤッとするリニューアル記事【解決済】

NO IMAGE

FacebookのOGPを設定して「何言ってんだおまえ!」と言われるようにした

NO IMAGE

Tweenで特定ユーザーのRTやURL付きツイートを非表示にする方法