創作文

プロクレーンゲーマー
店頭にUFOキャッチャーを設置することで召喚可能。
店員との会話を通じて情報のかけらを収拾し、そのかけらをまとめて本質を見抜く能力に秀でている。
話していて楽しいが、どんな配置をしても一発 ...

創作文

この前の土曜日から国内最大級の格闘ゲームの大会である闘劇も始まり、これからゲーセンへと通う頻度が上がったり、遠くのゲーセンへと遠征する人もいるかと思います。
しかし慣れている人ならともかく、ゲーセンにもローカルルールがあったり ...

創作文

EMPRESS PLACEのあまりの個人的気に入らなさっぷりが酷過ぎて愚痴ってみたら「タイムアタック的な考え」って言われた。

そういえば確かに私は達成率という数字よりも先へ先へというタイプでした。
もともとRPG自 ...

創作文

某板に何某というスレがあるんですけど、そのスレは某外部板の何某スレから半ば隔離という形で建てられたスレなんですよ。

そのせいか、度々定期的に荒れるんですよね。
まぁ内容が内容な分、人を選んでしまいますから、荒れやす ...

創作文

大学も終わってぽてぽてと自宅に帰る途中、ふと空を見上げるとまんまるのお月様ひとつ(ふたつあったら気持ち悪いし困るけど)。
夜にしては周りがほんのり明るいのは、月が頑張っているからなのか、それとも明るすぎる街灯のせいなのか。

創作文

今日のとある講義にて、私の前に座ってた人達がどう考えても腐女子です本当にありがとうございましたー。
久しぶりにほんまもんを見たなぁー。
何か週ジャンのジャガー(まだやってたのかー。もうジャンプ自体読まなくなって随分経つ ...

創作文

大学までの道すがら。
バスに揺られながらボケーっといつものようにPSP内に保存されてる10MB強のSS(この時は巫女さんが活躍する話でした)を読んでたら何か周辺視野の中に緑色の陰。
バスの座席の色は青だから妙に目立つの ...