FacebookのOGPを設定して「何言ってんだおまえ!」と言われるようにした

Facebook Slippers

Photo:Facebook Slippers
By stitchohana, on Flickr

今流行のOGPとやらを設定することで、Facebookでいいねを押して豪華になるんだよー!という話を聞きましたので設定してみました。

なお、私はFacebookはやっていないです。
あと顔ブック経由のアクセスはもともと0なので、倍増になっても0だと思われます。
アカウントは持っているんですよ、スマーフォンのゲームをやるときにいいね!を押すことで特典をもらうためだけの、偽名アカウントが。

最近フェイスブックは「都会のおっさんの在庫が切れて伸び悩んでおり、若者のFacebook離れが止まらない。何故若者はFacebookをやらないのか」みたいな事が言われて苦境らしいですしねぇ。

まぁ、別にFacebookがどうなろうと使ってないので関係ないですし、むしろ滅んだほうが面白そうだなぁっていう感想しか無いですが、ひとまず何まず設定してみました。

貼るだけ簡単!アクセスが倍増するWordPress用OGPコード | Oxy notes
と、いうわけでこのサイトを参考に組んだのですが、このOGPはうちですとそのままでは使えませんでした。
理由はog:imageの設定
うちはブログに掲載する画像のだいたいをPicasaから引っ張ってきています。
そのため、記事にはアイキャッチ画像は設定していませんし、記事の最初の画像はPicasaのサーバーを参照しています。
その場合、Facebookにスパム判定されてしまう危険性があるんですよ。

結論から言うとog:imageタグが原因でした。
og:imageタグはFacebookや
Open Graph Protocolを採用しているSNSのフィードに投稿が流れるとき、
そのプレビューとして表示される画像です。
<中略>
og:imageタグ内の画像はそのページと同じドメインである必要があるということです。

引用元:OpenGraphタグの指定を間違うとFacebookにスパム扱いされる – Wondershake Engineering

上記サイトではAmazon S3を使っていたそうですが、状況はうちと変わりません。
うちは画像を統一することで対応しました。
記事によってコロコロ変わるより、統一したほうが「ANKAREだ!」みたいに認識してもらえそうですしね、アクセス0ですけど。

そんなわけで、設定してみた結果こうなりました!
何いってんだお前!と叫ばれるように設定したogp in Facebook
何言ってんだお前!!
とかなんとか。

ちなみにGoogle+でもOGPに対応していますので、こんな感じに楽しく表示されます。
画像が大きいのでより「なに言ってんだおまえ!」感を楽しめますね。
何いってんだお前!と叫ばれるように設定したogp in google+

コメントを残す

関連記事

NO IMAGE

運営サイトの価値あるページをBingやgooに判断してもらう

NO IMAGE

【滅びた】Catchの提供が終了、Skydriveは法廷商標闘争に敗訴し名称変更...

NO IMAGE

【時間が解決】ツイッターが突然通知がいかなくなって他人のタイムラインに表示もされ...

Yahoo!に学ぶ正しくバレないステマの方法

Amazonギフト券を1円単位で購入する方法と個人情報について

NO IMAGE

当ブログ、再びツイッターからスパムサイトの誤判定を喰らう