「いつも綺麗にお使いいただきありがとうございます」という貼り紙で穏やかな関係を築く

焼肉屋さんにでお肉もぐもぐしに行った時の話。
トイレに立ち、手を洗いながらふと横を見ると手拭き紙を入れるボックスに「水気をしっかり切ってから使いますと、一枚で綺麗に拭き取ることができます。ぜひお試しください」との貼り紙が。
実際に水気を切ってから一枚だけ取って拭いてみると、確かにいつもならそれ一枚がぐっしょり濡れて二枚目投入も辞さないのに、一枚で綺麗に拭き取ることが出来ました!
すごい!!とかなんとか。

という感じのことがあったのですが、多分これに類似するのがコンビニや飲食店のトイレに貼り出されている「いつも綺麗にお使いいただきありがとうございます」という文章。よくよく考えてみれば、初めての利用者に「いつも」とか、使っている最中なのに「綺麗に使ってくれている」と決めかかるのも何だか変な話。
確か「トイレは綺麗に使いましょう」「ガムなどを流さないでください」という学校標語風に書いてしまうと命令形になってしまってダメなので、いろいろこねくり回してみた結果こうなった、と言われていますね。でも「綺麗に使ってくれてありがとう!」って言われると何だか綺麗に使った方がいいかも!?と思うのも事実なので多分これが正解。

と言うことで「そう言われるとそうしてしまう」といういわゆる日本人的何かを巧みに利用しているのが、この貼り紙ということらしい。最近ではどこもそんな感じでしたので有り難み(?)が薄れてきていた感じもありましたけど。

しかし、この記事冒頭に書いた「ぜひお試しください」というタイプは初めて見ました。原理は知っていたのですが、生活の豆知識的に書かれてしまうと分かっていてもお試ししてしまいましたねぇ。お店側は手拭き紙の消費が抑えられて経費削減で嬉しい、お客側は「ホントだー1枚で済むんだったら環境にも良いんだねぇー」ってなって新しい知識が増えて嬉しい。まさしくWin-Winの関係、素晴らしい!!
言い方を変えるだけでこんなにも印象って変わるんですねぇって言う話。

教訓。
私もそのつもりはさらさら無いのに、たまに悪意を内包するような物言いをツイッターの投稿画面に打ち込み、投稿直前に「やばいやばい」って削除することが1ヶ月に1回ないくらいのペースでやっているので、もう少し穏やかな人間になりたいところです。うんうん。

コメントを残す

関連記事

NO IMAGE

問い合わせページを作りました。

NO IMAGE

みっくみーくにしーてやんよー

NO IMAGE

くぱぁ

NO IMAGE

なにやってんだかほんと

NO IMAGE

BUFFALO HD-LB2.0TU3J(USB3.0の容量2TB)を買ったけ【...

NO IMAGE

2012桜まつり 与儀公園