シンゴジラ 感想

ニッポン対ゴジラ

映画『シン・ゴジラ』公式サイト

先のハリウッド版のGODZILLA公開当時、私は「かっこいいゴジラ」にはしゃいで観てました。
GODZILLA(2014) 感想

そして今回の、シンゴジラ。各種評価サイトで音楽がどうだ、キャストがどうだ、個の力によるハリウッド版と群の力による邦画版だとか色々感想が出てるようで。

その上で私が感想を言うと「最高だから今すぐ観て欲しい、出来るだけネタバレを観る前に!」以外出てこない……。こんなにも映画にどっぷりとハマったのっていつぶりかわからない。すごい映画だ……。

予告編の頃からそうなんですが、何故かこの映画に限って訳もわからずボロボロ泣いちゃうんですよ。3.11のあの光景の心理的刷り込みが発生しているのか、見慣れた日本の風景がどうしようもない「厄災」に蹂躙される様を観ると、泣く。私泣かしたいならこの映画見せたらいいってレベル。

ということを考えると、前半は最高峰の架空災害シミュレーションドキュメンタリー映画なんだろうなぁって。実際3.11があったからこそ出来た模写がたくさん見られて、本当に「現代に初めてゴジラが来たら」を忠実に検証しててリアリティに茫然自失となる。劇中のあらゆる模写が「本当にこうなっても納得行く」感がすごい。

でも、そこはゴジラ。ドキュメンタリー映画ではなく怪獣映画。しかも今作は初代の「話が絶対通じないあいつ」感覚を惜しげもなく押し付けてきます。

放射熱線とか、正義の味方のオッサンだったハリウッド版では出た瞬間に「イエェアアー!!!ヒュー!!」って感じだったのに、シンゴジラでは「オイオイオ……あっ……」という絶望しかない……そして私はまた泣いてる……。

gaijin4koma-1.jpg

ハリウッド版ゴジラの熱線


gaijin4koma-2.jpg

シンゴジラの熱線

ラスト、ゴジラとの最終決戦は今の日本が持てる最大限の努力による結晶で立ち向かう。

決着の仕方には賛否両論あるかもしれませんが、私はあの決着も含めて実に「日本的」な決着に見えました。その賛否両論を観た人と一緒に語り合いたい。そういう映画です。

「私は好きにした。君達も好きにするといい」

コメントを残す