消費者(私)に物を買わせるためにプレミアムな価値を付ける簡単な方法

前回、『消費税増税後に消費者(私)に物を買わせる方法』にて、『商品価格が高くなっても商品そのものにプレミアムな価値を付加させることが重要』と書きました。それが必ずしもプレミアムなことである必要はなく、あくまで消費者本人が感じる『プレミアムな価値』ですね。
その手法を逆手に取って芝エビとバナメイエビの食品偽装表示問題が起こった事も事実ですが、とにかく消費者が思い浮かべるプレミアムな価値というのはそれほど消費意識に重要な点であるということです。
チョコボールに『モグモグ』という表記をつけるだけで、私にとってチョコボールが異様にプレミアムな価値が付加されたように……。
そんなわけでもぐもぐ勢の明日はどっちだという文言で終わった前回の続編ですが……

パリパリポリポリ勢

パリパリポリポリ勢

もぐもぐ勢は敗北してまたもや消費増税後に購入してしまった。

チョコボールだけでなく、イオンのトップバリュブランドまで私に対してピンポイント爆撃を繰り出してきた!この4月からパッケージを変えたらしくほぼ全部のお菓子にこんな感じのキャッチコピー的なものが付いているらしく、柿の種は特に書くものがなかったのかまさかの「パリパリポリポリ」です。
こんなの見たら、買ってしまうしかないじゃないですかー!!にょわー!!

コメントを残す

関連記事

NO IMAGE

【マクドナルドストラップ】ケースに入れれば何でもそれなりに見える

NO IMAGE

ガンダムを買ったら文明の利器

NO IMAGE

観光客vsゲーセン(仙台奮闘記その5)

NO IMAGE

オトナファミ9月号の付録『パソコン用メガネ』でブルーライトをカット勢

NO IMAGE

スポンサードリンク

NO IMAGE

ソニーのデジカメDSC-WX220購入!