「那覇港沈埋トンネル一般開放」に行ってきた

http://www.dc.ogb.go.jp/nahakou/
http://www.kajima.co.jp/news/digest/feb_2008/site/site.htm
http://www.dc.ogb.go.jp/nahakou/2009/11/1110/2009111020091110index_21_1.pdf

空港近くの海底トンネルが開通前に一般開放ということなので、行ってきましたー。
到着すると謎の未完成建物。

chinmai_tatemono1.jpg


chinmai_tatemono3.jpg

chinmai_tatemono2.jpg

この建物の近くから、トンネルへと続く93段の階段を下ります。

トンネル内部潜入。

chinmai_nakami1.jpg

トンネル内部から入り口側を見る。

chinmai_minatogawa.jpg

外から見ますと、先の入り口部分は先に出来ている道路と繋がれる予定だとか。
これが完成したら空港から泊港までの道のり18分が9分に短縮され、周辺道路の渋滞が39%緩和、それらによってCo2消費量が18%削減されるという試算が出ているらしい。

chinmai_hairu.jpg


chinmai_tsunagu.jpg


chinmai_douro.jpg

トンネル内部に戻ります。
道路は片側3車線の6車線です。事業内容を説明するビデオや写真とか模型とかが展示されてました。

chinmai_nakami2.jpg


chinmai_mukougawa.jpg


chinmai_eizou.jpg


chinmai_tenji.jpg

それらの資料を見ている限りですと、ここは沈埋函というのを8個沈めて作ってるんだとか。

chinmai_shizumu.jpg

先の事業内容の説明ビデオ曰く、沈埋函を海中に沈めて連結し繋ぎ目の周囲をゴムで密閉、その後内部にコンクリを流し込で削る、と。なるほどなるほど。

chinmai_tsunagime.jpg

そんなこんなで反対側の端っこに到着。沈埋部分は724mだそうで。

chinmai_kukougawa.jpg

反対側でも90段以上の階段を登ると地上に出られます。
真ん中のちっちゃいのが最初の建物ですね。

chinmai_deguchi.jpg

そして再び階段を下りてトンネル内部へ、つまりまた階段を登らないといけない。ぎゃふん。

chinmai_nakami3.jpg

トンネルを歩いていて天井を見ると、かなり巨大な管が見えます。トンネル内部には至る所に説明スタッフがいたので、早速突撃質問をしてみる。

chinmai_kanki.jpg

あの天井の管は一体どうして何がこんなことに!?
スタッフ「あれは工事用の巨大換気ダクトです」
換気勢だったのかー。
工事が終わったら取り外してもうちょっとスマートな換気ダクトになるらしい。

あともう一個。
この道路ってタダです?
スタッフ「無料ですね」
やったね!

そんな感じで、海抜-22mの世界を楽しんできました。どことなく全体的にひんやりヒヤヒヤ。

chinmai_-225.jpg
chinmai_umi.jpg

この海の底にさっきのトンネルがあるんですねー

このトンネルで国道の渋滞が本当に緩和されるのなら良いですね、トンネルそのものは平成22年度3月末、つまりは来年にも開通予定。
もともとは平成20年度末でしたがーって平成18年度開通予定だったっていう記事発見。仕方ないね
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-90631-storytopic-86.html
とかくまぁ、トンネルを含んだ那覇港臨港道路空港線平成23年度3月末に開通予定です。必要な道路ということでちゃんと開通しそうで良かった。

ちなみに、この一般開放はペット禁止でしたが……。

chinmai_petkinshi.jpg

何故連れてきた。