CFW解説

CFW解説

CFWとはカスタムフォワード(Custom Forward)の略称で、広義では2010年南アフリカワールドカップで動作する公式フォワードを改造したサイボーグ、改造人間のこと。
狭義では、Hill Rice field監督が製作したカスタムフォワードを指す。これは、Hill Rice field監督が最初にカスタムフォワードの概念を示した事や、過去にHill Rice field監督以外が製作したカスタムフォワードが普及しなかったためである。

開発の背景
パス技術ばかりで得点力不足が指摘されていたサッカー日本代表であるが、その不足分を解消するために開発が提案された。
パーツ交換というハード面での能力向上、メモリースティックでアップデートすることによるソフト面での能力向上が行える。
サイボーグであるため、ドーピング検査は全てパスすることが出来る

機能
普通のフォワードを基本として、それに改造を行うという形をとっているため、基本的にフォワードの機能は全て利用することができる。
他にも改造独特の機能もできる。

ISO(International Speed Offence)CSO(Original Speed Offence)(独自の攻撃形式)形式でリッピングされたUMD(United Man Docking:和訳「アッー!」)のイメージデータをメモリースティックから読み込む事で、カスタムフォワード本体にUMDを挿入する必要なくカスタムフォワード専用の攻撃形態を起動できる。
・自作ソフトの実行により、カスタムフォワードでインターネットや既存スポーツのエミュレートなどさまざまな機能を楽しめる。
・リカバリーモードの実行。
・プラグイン

飽きた。
以上全部嘘。