MGSV:GZ 達成率100%達成!&今作の感想

達成率100%

達成率100%

メタルギアソリッド5グラウンドゼロズ、発売日に買ってちょこちょこやり続けてようやくすべての要素全開放!色々なことが出来てしまうので色々と寄り道してしまったので全部で30時間ほどかかってしまいましたが、何とか全てのトロフィー取得出来ました!
グラウンドゼロズのiOS用アプリで見た記録だとこんな感じ。ノーマルばっかりやってる!

MGSV プレイレコードNOMARL

MGSV プレイレコードNOMARL


MGSV プレイレコードHARD

MGSV プレイレコードHARD

シェア動画も結構撮りましたねー。
監督救出ミッションこと諜報員奪還。見事なドライビングテクニック!


監督が撃たれる前にロケット兵排除。撃たれてないのに車両破損。

寝ている兵士が出現したり消えたりするのも確認。ポッって出ます。

ゆっくりしていってねモードでマガジンを顔面にぶち当ててみる動画。カーン!

そして、グラウンドゼロズ本編のHARDをSランククリア。

メタルギアソリッド5:グラウンドゼロズの感想

現状はマップ1つしかないため全体マップを頭に叩き込むことも容易に出来、潜入シミュレータという観点からは今ひとつかも知れないですが、既に結構な数の解答が出ているのでこの方向は間違ってないかと。

ただ、そのおかげで逆にシェア機能の凄さ楽しさが分かりやすくなっていますね。マップを簡単に把握出来るのでタイムアタック動画や小ネタやり方動画などの投稿を見てすぐに自分でも試すことが出来ます。文字だけの攻略サイトとは違う、シェア動画によるわかりやすい攻略という新しい攻略法の掲示をされている印象。あの人がこんなルートでタイムアタックした、でもここを削ってもっとタイムを縮められるのでは?みたいなより高みへと目指す的な。
これもPS4の戦略のひとつなのかなー。同じ次世代機のXbox Oneも遅ればせながらTwitchの生配信に対応するそうですし、動画配信はこれからのゲーム業界では重点戦略要素になるんでしょう。

ちなみにMGSV:GZの録画禁止帯はミッションクリア後(リザルト表示後)の『ムービー』と『ミッション内容への感想無線』の2つ。ストーリー丸上げは遠慮して欲しいが、ミッション内容の説明も兼ねているオープニングムービーは録画・配信が許可されているので大まかな内容は把握出来るくらいにOKされているようです。ざっくり言うと『だいたいは分かるように許可するけどより詳しくストーリーを知りたいならプレイしてみてね!』という範疇に収まってる感じかな。

iDROIDについて。
ゲーム中のデバイスを専用無料アプリを使用する事でスマホやタブレットに分担させセカンドスクリーン体制を実現。初回潜入時には便利な反面、マップや敵兵位置を覚えるとほとんど活用しなくても行けるようになるのでどうしたものかなと思ったものですが、使い方次第ではタイムアタックにも大きく貢献出来ることを知る。


なるほどこういう使い方もあるのか!みたいな。やってみたら収録時点でPS4版全国ランキング32位のベストタイム叩きだしてしまった。
また、ゲーム中で手に入れたカセットテープ(ストーリーを補完するボイスドラマなようなもの)をアプリにも反映されるのがかなり使い勝手が良い。
PS4のハイスペックパワーを使ってテレビの前でどっしり構えて聞いても良し、ゲーム中に再生しても良し、アプリを使ってスマホで再生して寝っ転がりながら流し聞きするも良しと選択肢がたくさんあって良い。ピースウォーカーでも無線が簡易化されたのでカセットテープ形式だったんですが、それがアプリ連動で進化した印象。正直これだけでもアプリ化した価値があるかと。

PSP版ピースウォーカーもそうでしたが、COOPによる4人同時プレイといった時代時代に合わせた作りになっているメタルギアシリーズ、今作でいよいよ「オープンワールドゲーム」になり一体どうなってしまうのか。
ストーリーや演出に関しては確実に私の予想と期待をはるかに超えたものになることですし、私はシェア機能周りとの融合について興味津々と言った感じです。次の情報が出るのは恐らく6月に開催されるアメリカのゲームショーE3。そこで具体的な日時が出たら良いかなーとかなんとかです。

コメントを残す

関連記事

NO IMAGE

20年前の私とモルフォンをゲットだぜ【ポケモンGo】

NO IMAGE

ホリ製ステアリングコントローラ ZERO TECH

NO IMAGE

帝国の次なる一手【任天堂、ニンテンドーDSの後継機「3DS」を発表】

NO IMAGE

スプラトゥーンイカクッション ガチホコ実装でウデマエAプラス達成!

NO IMAGE

PS2ソフトが大量にやってきた

NO IMAGE

夜のキンメダイ美術館で聞こえる声